What's animal dance? アニマルダンスってなあに?


2010年3月。初ハワイにして、レインボーヒーリングスクールに行きました。
そこで授かったのが『アニマルダンス』のアイデアです。

当時は何をしたらいいかわからず、とってもオドオドとしてました。ただ信じられた事が『つながることが出来れば創造できる』『できると言われたのだからできる』

それだけを頼りに模索をはじめました。



最初は、賀茂川ではじまりました。動物の動きをとりいれようとしつつ、それをストレッチプログラム化したメニューでした。
冬になり、場所をレンタルしてするようになり。場所代のペイができない不安や、何をしたらいいか見つけられないモヤモヤ、焦ったり、不安に感じたり。流行もの(既存の物)をあれこれ試したり、本を読んでにわか知識をつけたり。
アニマルダンスそのものが、楽しいものではなくなりつつありました。


そんな時サインが訪れます。ハワイの先生が夢においでくださいました。
私は夢の中のメッセージを受け、電話セッションを希望。その電話セッションで、休憩することをアドバイス頂き、アニマルダンスは休憩となりました。正直、ほっとしたのを覚えています。

そのときは無期限休息と思っていたので、また時期が訪ればサインが来るのかな?なんて思いながらの休憩でした。

そうしてはじまった『お休み』は、3ヶ月という期間でした。

今思うと、あの期間たったの3ヶ月????という感じです。振り返ってみて、ほんとうにあのタイミングで休憩できたこと、その間に賜った多くの気付き。感謝でいっぱいです。誇りに思う「休憩」でした。「休む」ことを、こんなに誇らしいと感じたのははじめてです。「休み」イコール「罪悪感」しかなかった私にとって、初の貴重な経験となりました。



アニマルダンスの再開のきっかけになったのが、2011年10月にハワイを訪れたことでした。

 

まさに一生もの。

 

 

本物のシャーマンとメディスンウーマンによる


『時空を超えた異次元空間へいざなう
 スピリットも参加するミステリアスなコンサート』

 

 

このコンサートを参加させて頂けた幸せは、なににも代えられません。

実際にこのコンサートに参加して以来、私は中身のソフトウエアをチェンジアップされたかのように変化を感じます。

 

 

そしてその時に入ってきた感覚、味わった感覚が私の宝物として、

またアニマルダンスの指針となってくれました。

→詳しくはこちらのブログ

 

 

そしてNewアニマルダンスは、再始動します。

 

 

Newアニマルダンスが目指しますのは、

 

『ゆだね』というところにつながってゆくこと。

 

普段つけているマスクを外し、素の自分になること。

 

 

まだまだ進化途中のアニマルダンス。

 

 

いま私は、心からアニマルダンスを授からせて頂いた喜び、楽しさを

味わせて頂いています。